顔のたるみ改善にも!いいことずくめの頭皮ケア

頭皮が1ミリたるむと、顔が1ミリたるむ

といわれています。

頭皮のケアは綺麗な髪を育てるだけでなく、顔のたるみやシワ予防のためにもなるんですよ!
頭皮ケア以外の顔のたるみ改善法はこちらです。

このサイトでは正しい頭皮ケア方法をお伝えしています。

ぜひ今日から頭皮ケアを始めましょう!

顔のたるみ改善専門サイトはこちら↓です。
http://tarumifighter.com

超優秀な頭皮ケアアイテム

頭皮ケアアイテムの中で最も効果的なアイテムは、「ヘアブラシ」です。

ブラッシングの最大のメリットは、頭皮にいい刺激となり、血行が促されるという点にあります。
特に顔の上半分は、筋肉がない箇所なので、外側から刺激してあげないと、血行がすぐに悪くなってしまいます。
帽子をかぶると隠れる部分には「帽状腱膜」という膜があるだけなのです。

髪の毛が薄くなってしまう男性で多いのが、頭のてっぺんからという場合が多いですよね。
それは、筋肉がなくて血行が悪く、栄養が行き届かないからなんです。

だからこそ、外側から血流をアップするような働きかけが必要で、ブラッシングはもっともお手軽な頭皮ケアなんです。

そしてもうひとつ期待できる効果として、「髪の付け根の皮脂や汚れを浮かせる」ブラッシングの効能です。
髪の汚れや汗は、お湯ですすぐだけでもかなり落ちます。
でもシャンプーで落としたいのは髪ではなく、「頭皮の汚れ」。
中でも大切なのは、毛根部分にこびりついた皮脂をきちんと落とすことです。
ブラッシングは頭皮を刺激し、髪を付け根から動かすので、こびりついた皮脂汚れを浮き上がらせることができます。

ロングヘアの方は、お風呂に入るまえにブラッシングしておくと、髪の毛が絡まらずに髪の傷みを減らすことにもつながるでしょう。

髪と頭皮の汚れ落しは、ブラッシングの段階から始まっているのです。

ブラッシング方法

ほとんどの人がやりがちな間違いがあります。
それは「頭頂部から下に向かってとかす」こと。

これは髪を傷める原因になります。

どんなにサラサラヘアの人でも、日常生活を送っていると髪同士が絡んできます。
片手で髪の中央部分を押さえ、逆の手でブラシを持って毛先から少しづつほぐしていきましょう。

髪全体にブラシがすんなり通るようになったら、下から上へとかしたり、分け目に逆らってとかしたりすると、頭皮の汚れが浮き上がりやすくなります。
朝のスタイリング前と、夜のションプー前に1分程度のブラッシングをするだけで、頭皮の汚れ落ちがかなり違ってきます。

おすすめのブラシ

・イノシシや豚などの天然毛
髪の毛にツヤを与えてくれます。
・ナイロン
静電気防止加工をしてあればOK

頭皮マッサージの目的もあるので、程よい柔らかさがあり、目は粗いものを選んでください。

おすすめ記事

頭皮ケアで、何歳からでもつやつやロングが実現!
新習慣!髪の毛つやつや「頭皮保湿」
間違った洗い方していませんか?頭皮ケアのポイント
髪が傷む原因と対策
頭皮が傷んでたるむ原因と対策
髪と頭皮のお手入れ方法
女性の脱毛・薄毛・円形脱毛症の予防と改善方法