頭皮が傷んでたるむ原因と対策

【頭皮の性質】

頭皮の構造は、肌と同じで、表皮、真皮、皮下組織の3層から構成されています。
新しい細胞が生まれ変わるターンオーバーも行われていて、古い角質がはがれ落ちたものが「フケ」です。
顔のターンオーバーが28日周期なのに対して、頭皮は40日と長めです。
頭皮も加齢によって、真皮がやせてハリがなくなり、たるみが発生します。
血行をよくしておくことで真皮のハリが保たれ、健やかな髪が育つ土壌が整います。

皮脂腺の数は額の2倍あり、顔よりも皮脂トラブルが起こりやすいのが特徴です。

健康な頭皮と髪は・・・
・頭皮に透明感がある
・髪にツヤがある
・毛先まで潤っている

頭皮が傷む原因

・洗いすぎ
・ストレス
・紫外線
・睡眠不足
・食生活の乱れ
・スタイリング剤の残留

【症状:頭皮が乾燥する】
顔に比べて皮脂腺が多く、基本的に乾燥は起こりにくいのですが、洗いすぎが原因で乾燥することがあります。
1日2回以上洗ったり、洗浄力の強いシャンプーを使うのが原因です。
特に30代以降の女性は、皮脂の分泌量が減るため、20代のときと同じシャンプーでは、皮脂を取られすぎる場合があるので要注意です。
基本的構造は肌と同じなので、紫外線の影響も受けやすくストレスや睡眠不足など内的なことも関係しています。

【症状:赤み・かゆみ】
乾燥や過剰皮脂が引き起こすトラブルです。
自分では気づいていなくても、意外と多いのが頭皮の赤みです。
乾燥が進んでバリア機能が低下したときに起こりやすく、ちょっとした刺激にも敏感に反応して、炎症を起こすのが原因です。
バリア機能はストレスや寝不足でも低下するため、心身ともに疲れているときにはとくに起こりやすく、赤みが進行すると、かゆみも発生してしまいます。
肥飼料過剰によって、炎症が起こって赤みやかゆみが出る脂漏性皮膚炎になることもあります。

【症状:フケ】
頭皮はターンオーバーをしているので、毎日、古い角質がはがれ落ちますが、通常、シャンプーで自然とおちるので、フケとして目立つことはありません。
ところが頭皮が乾燥すると粉吹き状態となり、フケが発生します。
皮脂が過剰になるのも原因で、過剰皮脂による炎症が引き金となってターンオーバーが極端に早くなり、角質がどんどん剥がれ落ちることになります。
そうなると毎日シャンプーしてもフケが目立ってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です