女性の脱毛・薄毛・円形脱毛症の予防と改善方法

少し前までは、頭皮&育毛ケアは男性のためのものというイメージが強かったのですが、最近は多くの女性誌を育毛ケアの特集が組まれるほどになりましたよね。

それだけ薄毛に悩む女性が増えたことと、カミングアウトしやすくなったというのがあるのではないでしょうか。

実際に、女性の薄毛について考えてみると、原因は様々です。
中でも、食生活の乱れや睡眠不足、ストレスなどで、皮脂の過剰分泌や血流低下などを引き起こし、毛髪が健やかに育つのを妨害してしまいます。

さらにホルモンバランスを乱して、毛周期にも大きな影響を与えてしまいます。

男性ホルモンが優位になると、男性型の脱毛のように頭頂部や前面の毛が抜け落ちますし、女性ホルモンのエストロゲンが減少すると、今度は髪にハリやコシがなくなり、ボリュームダウンしてしまいます。

また成長期が短くなり、なかなか生えないために薄毛に見えるケースもあります。

薄毛や抜け毛は、40代以上の女性に多く見られますが、20〜30代から正しいヘアケアや生活習慣を心がけることで予防できます。

また、すでに薄毛が気になる場合でも、進行を遅らせたり、改善が期待できます。

女性の脱毛・薄毛・円形脱毛症の原因

遺伝

男性に比べて、女性の方が遺伝の影響を受けにくく、ほとんどがストレスやライフスタイルの乱れといった生活要因が原因です。
とはいえ、遺伝の可能性はゼロではありません。

タバコ

タバコは血流を悪くするため、肌だけでなく、頭皮にも栄養が行き渡らず、太く元気な毛が育ちにくい状態になってしまいます。
また、活性酸素も発生するため、老化が進み、薄毛を進行させてしまいます。

ストレス

活性酸素を発生させて、頭皮の老化が進むと同時に、ホルモンバランスを乱すため、男性ホルモンが優位になります。
すると、男性ホルモンと同じように毛が抜け落ちやすくなり、毛量が激減します。

ホルモンの乱れ

髪とホルモンの関係は密接です。
男性ホルモンが増えると、頭頂部や前側の抜け毛が目立つようになり、女性ホルモンが減ると、ハリやコシがなくなって1本1本が細く弱い毛になってしまいます。

睡眠不足

きちんと睡眠がとれていないと、成長ホルモンの分泌量が減って新しい毛が育ちにくくなり、日中受けたダメージを修復する力もダウンしてしまいます。
元気な髪が生まれず、質も低下してしまいます。

間違ったヘアケア

頭皮の肌質に合っていないヘアケア剤を使い続けると、頭皮の乾燥が進み、炎症が発生します。
また、スタイリング剤などがきちんと落とせていないと、毛穴が詰まり、髪の成長を阻害してしまいます。

食生活の乱れ

髪はケラチンでできていて、その材料になるのがタンパク質です。
偏った食事で材料不足に陥っている人が多いです。
また、タンパク質をケラチンに変える亜鉛も重要です。

これらを改善すれば、脱毛・薄毛・円形脱毛症を克服することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です