女性の脱毛・薄毛・円形脱毛症の予防と改善方法

少し前までは、頭皮&育毛ケアは男性のためのものというイメージが強かったのですが、最近は多くの女性誌を育毛ケアの特集が組まれるほどになりましたよね。

それだけ薄毛に悩む女性が増えたことと、カミングアウトしやすくなったというのがあるのではないでしょうか。

実際に、女性の薄毛について考えてみると、原因は様々です。
中でも、食生活の乱れや睡眠不足、ストレスなどで、皮脂の過剰分泌や血流低下などを引き起こし、毛髪が健やかに育つのを妨害してしまいます。

さらにホルモンバランスを乱して、毛周期にも大きな影響を与えてしまいます。

男性ホルモンが優位になると、男性型の脱毛のように頭頂部や前面の毛が抜け落ちますし、女性ホルモンのエストロゲンが減少すると、今度は髪にハリやコシがなくなり、ボリュームダウンしてしまいます。

また成長期が短くなり、なかなか生えないために薄毛に見えるケースもあります。

薄毛や抜け毛は、40代以上の女性に多く見られますが、20〜30代から正しいヘアケアや生活習慣を心がけることで予防できます。

また、すでに薄毛が気になる場合でも、進行を遅らせたり、改善が期待できます。

女性の脱毛・薄毛・円形脱毛症の原因

遺伝

男性に比べて、女性の方が遺伝の影響を受けにくく、ほとんどがストレスやライフスタイルの乱れといった生活要因が原因です。
とはいえ、遺伝の可能性はゼロではありません。

タバコ

タバコは血流を悪くするため、肌だけでなく、頭皮にも栄養が行き渡らず、太く元気な毛が育ちにくい状態になってしまいます。
また、活性酸素も発生するため、老化が進み、薄毛を進行させてしまいます。

ストレス

活性酸素を発生させて、頭皮の老化が進むと同時に、ホルモンバランスを乱すため、男性ホルモンが優位になります。
すると、男性ホルモンと同じように毛が抜け落ちやすくなり、毛量が激減します。

ホルモンの乱れ

髪とホルモンの関係は密接です。
男性ホルモンが増えると、頭頂部や前側の抜け毛が目立つようになり、女性ホルモンが減ると、ハリやコシがなくなって1本1本が細く弱い毛になってしまいます。

睡眠不足

きちんと睡眠がとれていないと、成長ホルモンの分泌量が減って新しい毛が育ちにくくなり、日中受けたダメージを修復する力もダウンしてしまいます。
元気な髪が生まれず、質も低下してしまいます。

間違ったヘアケア

頭皮の肌質に合っていないヘアケア剤を使い続けると、頭皮の乾燥が進み、炎症が発生します。
また、スタイリング剤などがきちんと落とせていないと、毛穴が詰まり、髪の成長を阻害してしまいます。

食生活の乱れ

髪はケラチンでできていて、その材料になるのがタンパク質です。
偏った食事で材料不足に陥っている人が多いです。
また、タンパク質をケラチンに変える亜鉛も重要です。

これらを改善すれば、脱毛・薄毛・円形脱毛症を克服することができます。

髪と頭皮のお手入れ方法

コンディショナーやトリートメントの選び方

お風呂で使うコンディショナーや洗い流すタイプのトリートメントは、髪を滑らかにして摩擦によるダメージを減らすことができるのでオススメです。
ただし、頭皮に詰まるとトラブルにつながるので、頭皮にはつけず、髪の毛だけになじませて、ぬるつきがとれるまである程度洗い流すのがポイントです。
また、洗い流さないタイプのトリートメントはスタイリング剤のようなものなので、清潔に保つには洗い流すタイプの方がよいです。

ノンシリコンの方がいいのか?

シャンプーやトリートメントに入っているシリコンの役割は、髪の毛の指通りをよくすることです。摩擦を減らす効果があるので、髪のダメージ予防になります。
ただし、コーティング力が高いため、地肌についたままにしてきちんと落とさないと、毛穴に詰まって吹き出物や炎症の原因になることもあります。
しっかりと洗い流せば落とせるので、すすぎを十分にすれば、シリコン入りでも問題ありません。
ノンシリコンの場合、以前は髪がきしむものが多かったものの、最近はオイルなどを活用して、滑らかに洗えるものが増えています。

ブラシとクシはどう使い分けるのか?

ブラシには、髪に付着したゴミやほこりを取り除くほか、頭皮に刺激を与えて、血行を促進する効果があります。
たるみ改善にも効果がありますから、ぜひ取り入れましょう。

対して、クシは仕上げに使ってつや出し効果を狙うものです。
夜のシャンプー前や朝のスタイリング前のブラッシングで頭皮ケアを行い、ストレートの人は、スタイリングの仕上げとして、くしを通すのがオススメです。

カラーリングとパーマは続けたいという場合

本来、ピタッと閉じているキューティクルを無理やり開いて閉じる工程があるため、キューティクルの隙間から潤いや栄養分、カラー剤などが抜けてしまい、ダメージとなります。
ダメージ対応のヘアケア剤に切り替え、マスクなどのケアを日常的に取り入れましょう。
カラーリングの後は、色あせ防止をうたった製品を使うのも効果的です。

髪が傷む原因と対策

【髪の性質】

髪は3構造になっていて、中心にあるのがメデュラというもの。
その外側がコルテックスで、髪の黒さの素であるメラニンはここに含まれています。
そして、もっとも外側=表面にあるのが、うろこ状に細胞が並ぶキューティクルです。
カラーリングやパーマは、キューティクルを開いてコルテックスに染料やパーマ液を入れ、再びキューティクルを閉めるという工程なので、ダメージを受けやすいです。
また、髪の成分であるケラチンは55度以上の熱で変性するので、熱で髪は傷んでしまいます。

髪が傷む原因

・ドライヤーの熱
・紫外線
・カラーリング
・スタイリング剤の残留
・パーマ

【症状:切れ毛・枝毛】
ドライヤーなどの熱によって起こるダメージや、カラーリングやパーマなどの化学的作用によるキューティクルの損傷が原因です。
そのほか、紫外線もダメージを与えます。
スタイリング剤の洗い残しもNGなので、ノンシリコンやオーガニック系など洗浄力の弱いシャンプーには注意しましょう。
また、見落としがちなのが、洗い流さないタイプのトリートメントです。
ケア剤と捉えて、就寝前にはシャンプーできちんと洗い流しましょう。

髪のお手入れのポイント

・正しいブラッシング

シャンプー前にブラッシングを必ず行いましょう。
頭皮の血行を促進すると同時に髪の毛についた汚れが取れるので、シャンプーの泡立ちがよくなり、髪への摩擦が軽減します。
クッション性のあるブラシを選び、根元から毛先に向かっていろいろな角度から2〜3分とかしましょう。

・ミネラルとビタミンを摂る

赤みやフケなど、過剰皮脂によるトラブルが気になる場合は、ビタミンB群をとりましょう。
脂質代謝を整えてくれます。
そのほか、プロビタミンB5やビオチンなど、ビタミン類は全般的に髪にいい栄養素です。
髪の材料となる良質なタンパク質をベースに、育毛効果のある亜鉛や、ヨードなどのミネラルも取りましょう。

・正しいヘアケア剤を選ぶ

どんな髪に仕上がるかをうたった商品が多いですが、本当は肌質によって化粧品を選ぶように、頭皮の状態に合わせて選ぶのがいちばんです。
たとえば、頭皮が乾燥しているときは、洗浄力が強いタイプを避けるのが正解です。

赤みなどの炎症があるのであれば、髪や頭皮に優しいアミノ酸系洗浄成分配合のものを選ぶとよいでしょう。

頭皮が傷んでたるむ原因と対策

【頭皮の性質】

頭皮の構造は、肌と同じで、表皮、真皮、皮下組織の3層から構成されています。
新しい細胞が生まれ変わるターンオーバーも行われていて、古い角質がはがれ落ちたものが「フケ」です。
顔のターンオーバーが28日周期なのに対して、頭皮は40日と長めです。
頭皮も加齢によって、真皮がやせてハリがなくなり、たるみが発生します。
血行をよくしておくことで真皮のハリが保たれ、健やかな髪が育つ土壌が整います。

皮脂腺の数は額の2倍あり、顔よりも皮脂トラブルが起こりやすいのが特徴です。

健康な頭皮と髪は・・・
・頭皮に透明感がある
・髪にツヤがある
・毛先まで潤っている

頭皮が傷む原因

・洗いすぎ
・ストレス
・紫外線
・睡眠不足
・食生活の乱れ
・スタイリング剤の残留

【症状:頭皮が乾燥する】
顔に比べて皮脂腺が多く、基本的に乾燥は起こりにくいのですが、洗いすぎが原因で乾燥することがあります。
1日2回以上洗ったり、洗浄力の強いシャンプーを使うのが原因です。
特に30代以降の女性は、皮脂の分泌量が減るため、20代のときと同じシャンプーでは、皮脂を取られすぎる場合があるので要注意です。
基本的構造は肌と同じなので、紫外線の影響も受けやすくストレスや睡眠不足など内的なことも関係しています。

【症状:赤み・かゆみ】
乾燥や過剰皮脂が引き起こすトラブルです。
自分では気づいていなくても、意外と多いのが頭皮の赤みです。
乾燥が進んでバリア機能が低下したときに起こりやすく、ちょっとした刺激にも敏感に反応して、炎症を起こすのが原因です。
バリア機能はストレスや寝不足でも低下するため、心身ともに疲れているときにはとくに起こりやすく、赤みが進行すると、かゆみも発生してしまいます。
肥飼料過剰によって、炎症が起こって赤みやかゆみが出る脂漏性皮膚炎になることもあります。

【症状:フケ】
頭皮はターンオーバーをしているので、毎日、古い角質がはがれ落ちますが、通常、シャンプーで自然とおちるので、フケとして目立つことはありません。
ところが頭皮が乾燥すると粉吹き状態となり、フケが発生します。
皮脂が過剰になるのも原因で、過剰皮脂による炎症が引き金となってターンオーバーが極端に早くなり、角質がどんどん剥がれ落ちることになります。
そうなると毎日シャンプーしてもフケが目立ってしまいます。

間違った洗い方していませんか?頭皮ケアのポイント

世の中の女性で、「頭皮を正しく洗えている人」は何%くらいでしょう?

美容師さんなどのプロの方を対象にヘアケアチェックをしたデータでは

驚くべきことに、

健康的な青白い色だった人は
美容師さんですら1%に満たなかったそうです。

毛穴に皮脂がこびりついていたり、フケやかゆみがあったり、中にはスコープで見なくても明らかに頭皮が赤く炎症を起こしているケースもあったそうです。

髪の毛のプロの方々ですらこの状態なのに、一般の私たちならなおさらです。

プロですら頭皮トラブルを抱えてしまう原因は一体なんでしょう?

①頭皮の皮脂コントロールが難しい

頭皮の毛穴は、顔のTゾーンの3倍もの数があります。
そこからたっぷり出てくる皮脂が詰まればフケが発生しますし、髪が細くなったりうねったりというトラブルも起きます。
また、皮脂が酸化すれば活性酸素が発生し、かゆみや炎症といった症状を招くのも当然ともいえます。

②髪の毛があってお手入れしにくい

頭皮には、当たり前ですが髪の毛が生えているため、お湯やシャンプー剤が頭皮に届きにくくなります。
また、髪を乾かすときも髪の表面にばかり風が当たって、頭皮はジメジメと濡れたままというケースが少なくありません。

温かく湿っている環境では雑菌が繁殖してしまいますから、ニオイやかゆみも引き起こしてしまいます。

恐ろしいですね…
かならず頭皮まで乾かすようにドライヤーの風を当てましょう。

③頭皮を洗えていない

洗ったつもりでも、頭皮を洗えていないという人がとても多いのではないかと思います。
頭を濡らして、シャンプーを泡立てて髪につけて、なんとなく自己流でやっていては、毎日洗っていても頭皮は汚れたまま、ということがしばしばです。

髪ではなく、「頭皮」を洗わなくてはなりません。

洗ったつもりなシャンプーは今すぐやめよう!

「毎日、きちんとシャンプーしています」
という人でも頭皮をスコープで見ると皮脂汚れがびっしり!!

なんてことは珍しくありません。

①ブラッシングをしたら、まずは1〜2分の「予洗い」を

シャンプー剤をつける前に、シャワーのお湯で髪と頭皮をしっかり洗います。
「濡らす」程度では意味がありません。
指を髪の中に差し入れて、手のひらに溜めたお湯をバシャバシャとかける「ためすすぎ」をまず行いましょう。
また、髪をかき分けて頭皮に直接お湯をかけるのも効果的です。

丁寧に洗えば、このプロセスだけで髪の汚れの9割は落ちます。

②シャンプー剤は泡立ててはいけない!

シャンプー剤をたっぷり泡立てて使うのは間違いです。
モコモコの泡を作ってしまうと、泡のほとんどは髪についてしまい、頭皮に届かないのです。
シャンプー剤がいきわたりやすいようにお湯で伸ばしたら、泡立てずに頭皮につけるのが正解です。

このとき、下から上へと指をさしれるのを忘れてはいけません。

髪は上から下に向かって生えているので、これに逆らうようにつけることで、シャンプー剤が髪の付け根まで届きます。

③やさしくなで洗いを1分

シャンプー剤を頭皮にまんべんなくつけたら、指の腹を使って頭皮を軽くさするなで洗いをします。
力は入れず、ごく軽く小刻みになでるイメージです。

④もみ出し洗いを1分

頭皮の毛穴にこびりついた皮脂を浮かせて落とすために、強めに洗います。
まず、両手の指の腹を頭皮に密着させます。
左右の手の感覚は1センチくらいにします。
そして左右の指で頭皮をぐっと寄せます。
このとき、頭皮と指を密着した状態にして、こすってダメージをあたえないようにしましょう。

このもみ出し洗いを、頭頂部など頭皮が固くなっているところを中心に1分ほど行います。
髪の付け根の皮脂を浮かせて落とすだけでなく、凝ってガチガチになっている頭皮の血流をアップさせる効果もあります。

なで洗いともみ出し洗いで頭皮を清潔にしたら、2〜3分かけて丁寧にすすぎます。
これだけで、とてつもない効果を実感できると思います。

顔のたるみやシワ改善にも効果があるので、ぜひ実践してみましょう!

新習慣!髪の毛つやつや「頭皮保湿」

ここ近年、たくさんの頭皮用エッセンスが登場しています。
まだ新しいジャンルなので、使っていない方も多いかもしれません。

最近薬局などで1,000円以上するシャンプーがたくさん売っていますよね。

でも、洗い流してしまうシャンプーにお金をかけるくらいなら、シャンプーは安いものですませて頭皮エッセンスを買ったほうがいいです。

頭皮がパソコンやスマホの使用によってガチガチに凝っていたり、エアコンの風にさらされて乾いていたりしている現代女性にとって、頭皮エッセンスは必要だと思います。

また、ガチガチの頭皮と表情筋では、どんどん顔がたるんで老け顔になってしまいます。
つやつやな髪と同時に、若々しい顔も手に入れましょう!

間違えやすい!頭皮エッセンスのつけ方

頭皮用エッセンスをつけるタイミングは、トリートメントを洗い流してタオルドライした後です。
熱から頭皮を守る効果もあるので、ドライヤーの前につけるのがおすすめです。

頭皮用のエッセンスは先端が細いノズルになっていることが多いので、頭皮に直接つけます。
髪をかき分けて頭皮を露出させ、線を描くようにすると簡単です。

よく間違えやすいのは、頭皮エッセンスを髪に振りかけてしまっているケース。
それではせっかくの保湿が無駄になってしまいます。

多少面倒でも、必ず頭皮をむき出しにする癖をつけましょう。

また、つけ方の目安は、帽状腱膜(帽子をかぶったときに隠れる頭の上の部分)を中心に、縦に4本、横に3本程度です。
スーッと線を描くようにつけたら、それを広げるように指で軽く押さえます。
余裕があれば、このとき頭皮をマッサージしてあげるとさらに効果がアップします。

頭皮エッセンスの選び方

エッセンスを選ぶときは、頭皮特有の問題にきちんと対応したものにしましょう。
頭皮は血流が悪くなりがちですから、

オタネニンジン
センブリ
ショウガ

といった血行促進系の生薬入りのものがおすすめです。

また、皮脂が詰まって炎症を起こしやすいので、皮脂コントロール作用や抗炎症作用のある成分、

グリチルリチン酸2K
グリチルレチン酸
ユーカリ
ローズマリー

などが配合されているものがよいです。

頭皮ケアで、何歳からでもつやつやロングが実現!

歳とともに「白髪」「パサつき」「髪のボリューム不足」といったことが段々気になってきますよね。
ロングだとパサつき・枝毛やうねりが目立つからと、短くしている人も少なくないでしょう。

仕事や育児など忙しさにかまけて髪の毛のお手入れを怠れば、バサバサで枝毛のある髪の毛になってしまいます。

でも

そんな綺麗とは程遠い状態からでも

たとえ40代だったとしても、

艶やかで枝毛のないロングヘアになれるんです。

ポイントは頭皮ケアです。

半年間正しい頭皮ケアを続けると

・髪のボリュームが増えた
・髪にコシが出てきた
・白髪が激減した

といったことが起こります。

「もう年齢だから」
「白髪ができやすいから」
「くせ毛は遺伝だから」

などと諦める必要はありません。

どんな悩みでも、正しくケアすれば髪の毛は変わります。

綺麗な髪の毛を取り戻すために一番大切なこと

髪の毛をいくらケアしても、結局は「髪=死んだ細胞」なんです。
髪の毛に栄養を与えても、よみがえったり修復されたりすることはありません。

「え?じゃあよくヘアケアアイテムの広告で謳われているのはなんなの?」

とお思いになるかもしれません。

実はコンディショナーなどは、表面をコーティングしてツヤを与えるためのもの。
一度傷んでしまった髪の毛は、もうどうにもならないんです。

つまり髪の毛は「今ある状態」がベストで、あとは痛む一方ということ。

ひとたび枝毛になってしまったら、切るしかないんです。

なので「綺麗な髪の毛になりたい」と思ったら、まずは髪が生える土壌である頭皮ケアが必須です。

頭皮のお手入れで髪の毛つやつやに

つやつやな髪の毛を育てるもとになるのは、柔らかく綺麗な頭皮です。
お金をかけて髪の毛をケアするより、頭皮ケアをするのが一番の近道です。

つやつやな髪の毛になるには、まずは髪が生える土壌である頭皮をきちんと耕し、栄養を与え、ふかふかの状態にすることです。

そうすると、新たに生えてくる髪の毛は、今よりも確実につやつやになります。

つい傷んでしまった髪の毛の方ばかりケアしてしまいがちですが、まずは「頭皮ケア」です。
根気よくお手入れを続ければ、必ずつやつやした健康な髪の毛が育ちます。